ブログトップ

■  <   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

■  御高齢の方のリフォーム

先日、H様の、お母様のおうちのリフォームの御依頼があり、
お伺いしてまいりました。
お母様は、90歳を超えていらしゃいますが、とてもお元気!
なんと、おひとり暮らし!
ご自分で、身の回りのことをすべてされています。

H様は、
「お母さんの家は、長年すんでいるので、
砂壁の壁もくすんできているし・・・
キッチンはお掃除しにくいし・・・
床はきしんでいるし・・・
何より、お母さんに綺麗なところに住んで欲しいんです。」
とのことでした。
お母様を、とても大切に想っていらっしゃるんだろうと思います。

しかし、
お話をよくよくお聞きすると、H様はそれとは反対に、
「今のままの雰囲気の方が、本当は、お母さんの為にいいのじゃないかしら・・・」
という想いも持たれていました。

--------------------

ということで今回は、

 ・台所は、システムキッチンにせず、今と同じようなものを、新しく取り換えるだけ。
 ・床は、新しくせず、きしみを補修するだけ。
 ・壁は、キッチンの目の前だけ掃除しやすい壁材に変えて、他の壁は今のまま。


・・・そのように、御提案させていただきました。


床を工事するには、そのお部屋のものをすべて出して、工事しないといけません。
そして、長い期間かかります。
壁を工事するのも、同じこと。

御高齢のお母様には、
長い期間の工事、その間の生活の変化、
そして、リフォーム後のモノの整理・・・
ほんとうに大変だと思います。

「この仕事をしていて、こんな事を言うのもなんですが、
『新しくなることが、良いこと』、とは、一概には言えない、と思っています。」
と、
いままでの具体的な事例をお話しすると、
笑いながら、頷いていただけました。

そのあと、H様と、
『生前整理』のお話で盛り上がり、
とても楽しい時間を過ごさせてもらいました♪
この話は、また今度☆

--------------------

いつも、ご相談を受けるたび、
『住む人の本当の望みは、何なのかな』、と
その人になったつもりで、考えています。

「新しいことが良いこと」とは限らない。
「綺麗になることが良いこと」とは限らない。
「便利になることが良いこと」とは限らない。


住む人に寄り添うと、そういう答えになることがある。
そう思います。


~~~暮らしをもっと気持ち良く♪ 暮らしをもっと楽チンに♪ すっきりした暮らしへ♪
~~~大阪市内のいたやリビングデザイン

[PR]
by noriko_itaya | 2013-03-17 22:05 | ■ リフォームへの想い
ASPアクセス解析