ブログトップ

■  カテゴリ:■ 長屋・古民家・耐震( 2 )

■  賃貸住宅の、家具の耐震金物の取り付け方★

先日、賃貸住宅にお住まいの方から、
家具の耐震金物の取り付け方の相談を受けました。

その方は、
退去時に耐震金物等のビス穴の修繕費用の請求をされるかどうか、
ご心配でした。

これは、請求されることはありません~~!!!!

意外ですか?!(笑)
また、請求されても、支払の義務はありませんので、ご安心を~!

でも、もちろん、壁の板材(プラスターボード等)を取替えないといけないほどの穴をあけたらダメですよ~。(笑)
ビスや釘等の程度です。

このお話をしたら、びっくりされたので、こちらでも書いてみました。ご参考まで★

---------

地震時、家具が倒れないように
家具の固定 ・ 食器棚等の扉開防止耐震ラッチの取付をお勧めします~★
また、家具の固定には、特殊な金物が、必要「無い」ことも多いです。 

何を買おうか迷われたら、
アドバイス(無料)できますので、ご相談くださいね~!


家具の固定・扉の耐震ラッチは、ご自身でビスとドライバーで簡単にできますが、
必要であれば、これは有償ですが私どもで取付工事も致します♪
お気軽にご相談くださいませ~★


▼以下、消防庁のHPからの引用です。
消防庁のHP~地震などの災害に備えて~

********
~~~~地震などの災害に備えて~~~~
=====「家具が倒れると逃げ道まで塞がれて恐いね」=====

阪神・淡路大震災に見る家具転倒の状況
平成7年1月17日午前5時46分、兵庫県南部を襲った直下型地震は、マグニチュード7.3、震度7を記録、死者行方不明者は6千人を超えました。また、負傷者は4万3千人を数え、そのなかには建物に特別な被害がないにもかかわらず、家具の転倒や散乱によって、逃げ遅れたり室内でケガを負った方も多数含まれています。これは、室内に家具や電化製品などを多く置くようになった近年の住宅事情によると思われます。

約6割の部屋で家具が転倒、散乱した
この阪神淡路大震災における震度7の地域では、住宅の全半壊をまぬがれたにもかかわらず、全体の約6割の部屋で家具が転倒し、部屋全体に散乱したというデータ(※1)があります。
 しかも、ただ倒れるだけでなく、食器棚などは扉が開いて中の食器類が散乱し、また、冷蔵庫やピアノは移動してしまいテレビや電子レンジが飛ぶといった、日常では考えられない現象も確認されています。
 つまり建物が無事でも、家具が転倒するとその下敷きになってケガをしたり、室内が散乱状態のために延焼火災から避難が遅れてしまうなど、居住者被害も大きくなるというわけです。
※1 日本建築学会「阪神淡路大震災 住宅内部被害調査報告書」
主な家具の被害状況
各室の散乱状態
内部被害による怪我の原因

震度5強でタンスが倒れることも
平成8年2月に気象庁が発表した震度階級関連解説表によると、「震度5強」で“タンスなど重い家具が倒れ、テレビが台から落ちることがある”と想定されています。 わが国では平成5年から7年までの三年間に、震度6以上の強い地震が数回あったうえ、震度4や5といった地震は珍しくありません。室内での居住者被害を防ぎ、安全な避難経路を確保するためにも、家具を固定しておくことが重要です。
室内の転倒や散乱の一例

********


~~~暮らしをもっと気持ち良く♪ 暮らしをもっと楽チンに♪ すっきりした暮らしへ♪
~~~リフォームなら、大阪市内のいたやリビングデザイン

[PR]
by noriko_itaya | 2013-04-19 11:38 | ■ 長屋・古民家・耐震
■  耐震改修を真剣に学びたい。

昨日、
『木造住宅の耐震診断・耐震補強を考える会』 (旧称 近畿改修くんユーザー会)の
設立説明会に、行ってまいりました。
木構造建築研究所の田原さんが発起人。

しっかり、学びたい、と思っています。


精密診断と補強方法の公の講習にもでていますが、
実際の現場では、机上で行う事やデータに当てはまらない部分も多く、
どのようにすると、より良く、より耐震性があがるか、
しっかりと耐震補強の専門的な知識を、
実際の現場とも関連させながら、学んでいきたいと思います。

→→→産経新聞にも掲載された模様。(PDF書類)(申込みは終了だそうです)

がんばるぞ!おー!
ね、みどりさん♪
[PR]
by noriko_itaya | 2006-10-05 10:56 | ■ 長屋・古民家・耐震
ASPアクセス解析