ブログトップ

■  地震のゆれやすさ全国マップ

みなさん、
地震のゆれやすさ全国マップ
って、ご存知ですか?

最近、
地元、大阪市生野区が、
うすうす古い建物が多い地域だ とは思っていましたが、
日本の中でも、
第2位に 昭和55年以前の 建物が密集している地域

(つまり、地震に弱い建物が 日本で第2位に 多い地域) だと、
発表されました。


このことを新聞で知ったのですが、
詳しいことを調べていると、
内閣府がだしている、防災情報のページにたどり着きました。



ちなみに、
『いたや』の地元、大阪市生野区は、これくらいの揺れと想定されています!

生野区は、上町断層と、生駒断層に、はさまれています。
しかし地盤は、
黄色と緑色なので、揺れやすくも揺れにくくもない、
といったところでしょうか・・・。

みなさんの地域は、どんな揺れになりそうか、
いちど、お時間のあるときに、地震のゆれやすさ全国マップで、ご覧下さいね。


また、内閣府の中央防災協会
には、被害想定結果や、震度別データもありますので、
ご参考になさってください。



備えあれば、憂いなし。


ご家族の方と、避難場所を決めて
何かあったときは、
おちあえるように話し合ってくださいね。
(私は東桃谷小学校と決めています。)

また、ベットやお布団の近くに、
倒れたら、ご自身が下敷きになるような家具はありませんか?
一度、お部屋廻りを見直して、みてください。

できれば、耐震改修がオススメですが、
すぐに改修をお考えでない方は、家具の転倒防止金物の取付が良いと思います。
地震時、避難しやすくなりますよ。



ご参考までに・・・。
[PR]
by noriko_itaya | 2007-12-11 18:31 | ■ 補助金・法律のこと
ASPアクセス解析