ブログトップ

■  省エネ住宅

今日はH様宅で、先日購入した赤外線サーモグラフィで、写真を撮らせて頂きました!

H様のお話だと、暖房はエアコンのみ。温度設定は22度だそうです。
キッチンや和室・リビング・ダイニングを含むすべてのお部屋(25畳程度)が、
ポッカポカに暖まっていました~♪
当初はガスファンヒーターを買う予定でしたが、住んでみるとエアコンだけで十分だと思い、止められたそうです。

e0074302_2255419.jpg


赤外線サーモグラフィでも、窓の周囲以外は、あまり温度差がないことがわかります。
カーテンを閉めたら、ほぼ温度差がなくなりました。
(私のすんでいるマンションで写真を撮ると、カーテンを閉めても床は真っ黒(冷たい)なんですよ。)


設計当初は、床暖房をご希望でした。
しかし、「昔でいう次世代省エネルギー基準以上のおうちで、床は無垢のパイン材だと理論的には床暖は不要ですよ」とお伝えし、費用のこともあり、取りやめとなりました~。
最低気温3.5度という今日の寒さでも、22度設定のエアコンのみで、スリッパは不要でした。そして床の上に座布団なく十分に座れます。
(実は今日、床暖なしでも暖かくてほっとしました。笑)

冬が終わった後、光熱費をお聞きするのが楽しみです!

ーーー

暮らしやすいというのは、様々な要素が必要です。

そのなかでも、省エネルギーというのは、
・冬は寒くないので、体にも優しく健康にもよい。
・夏は扇風機が大活躍!エアコンは殆ど使用しなくてよい。
 (ただし、庇やすだれ等の活用が重要)
・結露もなく、カビにもなりにくい。(掃除がラクちん!)
・その上、お財布にも優しい~~!
と~っても重要な1つの要素です。
(そのほかの要素も、おいおい書いていきますネ!)

★重要なことは、
断熱材を十分に入れる、気密性能を高めること、各種ペアガラスを利用する、夏の光を家に入れないようにする事、冬は暖かい光を家に入れる事、風通しがいい事が、一番の省エネルギーです。
それをせずに、
床暖房、太陽光発電、エコジョーズ等の住宅設備機器にたよると、本末転倒ですよ~。
お気をつけ下さいネ!

ーーー
住まいって、一番リラックスできる場所。
そこには、ストレスがないのが一番!!!

それが、日々の健康、そして健康寿命が延びることにもつながります~♪



~~~もっと自由に、素敵にくらしたい♪
~~~大阪市内・いたや・リビングデザイン♪ 

[PR]
by noriko_itaya | 2015-01-08 22:23 | ・・・新築
ASPアクセス解析