ブログトップ

■  コンクリート打設~型枠外し /  Mさんち7

しばらく、間が開いていました・・・。
急ピッチで、その間のご報告を。

配筋が終了しました~。
e0074302_20554677.jpg
実は、床スラブの配筋の間隔が
設計図(D13@150)と違って工事(D13@200)していたので、
手直しをいたしました・・・。 
訂正後は、D13@100となっています・・・。
訂正後は、設計図より強い床スラブとなっています。
  (建築基準法より、良い基準の長期優良住宅でも、
  手直し前の配筋間隔D13@200で、合格なのですが、
  この建物は、基礎だけをとっても解るように
  より強い構造となっているので、鉄筋が多めなのです~。)
恥ずかしいことですが、
正直に、ご報告しようと思います。


・・・気を取り直しまして。。。。
e0074302_2119263.jpg
▲ テープを貼った、アンカーボルト。
テープは、コンクリートの埋込み深さが解りやすいように、という私なりの工夫です。

e0074302_21193514.jpg
▲ そのテープを貼ったアンカーボルトを2人かかりでセットします。


さて、週があけた1月25日、
e0074302_21235163.jpg
▲ コンクリートのミキサー車がきました~!
e0074302_21332048.jpg
▲ もちろん、テストピースをとって、コンクリート試験を。
合計12台のミキサー車が来て、コンクリートを打設したのですが、
その内3台のミキサー車から3本のテストピース(3台×3本=9本)をとって、
試験場に送り、4週間後にテストします。
e0074302_2125564.jpg
▲ カンタブにて塩分量測定も、もちろんします。

e0074302_21344561.jpg
▲ ホースからコンクリートを流し込み・・・
e0074302_21345759.jpg
▲ ならす・・・
e0074302_213562.jpg
▲ コンクリートをおさえる・・・
5人で、その繰り返しです。

e0074302_21402729.jpg
▲ 打設後、雨が降りそうだったので、
コンクリートの表面を保護するため、シートを被せます。
次の日には、そのシートをはずし、水中養生をしっかり。。。



1月27日、
e0074302_21435782.jpg
▲ 今回もワイヤブラシでエンヤコラ~。3人での作業です。
掃除機でごみも吸い込みました。
そのあと、レべリング材を投入~!



1月30日、
e0074302_21421522.jpg
▲ 3人で型枠をはずし、そのあと周囲の埋め戻しを。



2月1日、
e0074302_21505430.jpg
▲ 埋め戻した土を掘り起こして、
犬走りの排水の配管をしています~。



さて!
2月3日からは、棟上に向けて土台を敷いて行きます。
ここからは次回をお楽しみに~。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 大阪市内から  いたや でした。
[PR]
by noriko_itaya | 2010-02-04 21:32 | ・・・新築
ASPアクセス解析